保険と罰則について

法律で義務がある保険

自賠責保険は必ず加入すべきもの

自動車損害賠償責任保険は、自動車やバイクを運転する者には、法律で強制的に加入を義務付けられているものです。自賠責に未加入で走行した場合は、懲役や罰金、免許停止処分など、法律により罰せられます。車検時には自賠責加入の手続きをとりますが、車検のないバイクに乗っている人は満期時の手続きを忘れないようにしましょう。自賠責は、交通事故による被害者を救済するために設けられました。ケガや死亡、後遺障害によって給付金額は変わってきます。対人賠償にだけ対応しており、対物賠償は対象外です。自賠責だけでは補償額に限度があるので、任意保険の加入を検討しましょう。

自賠責に加入して対策

車を所有すると、損害賠償責任保険に加入しなくてはなりません。非加入で公道を走ると、懲役または罰金刑と、運転免許証の停止か取消という重い処分になります。基本的には、自賠責に加入していない車は車検が通りませんので、これらに非車検車が公道を走ったという道交法に定められた罰則も加わります。しかし自賠責は、対人補償しか含まれておらず、しかも補償の上限が死亡3000万円、後遺障害4000万円、傷害120万円までと定められており、決して十分な補償とはいえません。車を運転するなら、対物補償や、搭乗者傷害補償、それに十分な対人補償が付いた、任意の自動車保険に加入しましょう。

保険の相談についての情報

Copyright 老後に備えるための保険 All rights reserved.